2月22日、2019年度農大校友会静岡県支部女性部総会を行いました。
稲木浩之校友会静岡県支部副支部長(S44化卒)・平岡知明校友会静岡県支部幹事長(S55農卒)、高田千恵子女性部副会長(S46短栄卒)はじめ会員8名、さらに訪問先の望月康弘磐田農業高校校長(S62農卒)の11名が集まりました。
DSC01029○

まず、磐田農業高校の教室を使わせてもらって総会、その後、望月校長より学校紹介と敷地内の案内をして頂きました。農業高校で圃場や温室、バラ園などもあり、広い、広い。ゆっく見廻ると半日はかかるそうです。
また、100年以上の伝統のある学校であり、落羽松の大木があったり(これを切るわけにいかないと校舎の設計が変わったとか)、古墳が残っていたり、天皇行啓記念碑があったり、昔、手掘りをしたという50mプール(スタート台が残っていたけど…農業用水池?)があったりと見どころ満載でした。また多くの人材も輩出しているようです。
DSC01038○

お昼を食べた後は袋井市でツワブキを生産している農家さんへ。応対してくれた長男の山本茂広さん(H7農卒)も兄妹3人とも農大卒。ご家族で3代にわたってツワブキを生産しているそうです。
ツワブキは江戸園芸を引き継ぐもので、『芸』と言われる変異を固定して品種を作っていくそうです。斑の入り方、葉の形、葉や茎の変化などそれを造園や生け花でどう生かすか、作る側と使う側の呼吸もあるようで、面白い世界だと思いました。
DSC01045○